1/1

ロッコク・キッチン

¥1,430 税込

SOLD OUT

別途送料がかかります。送料を確認する

川内有緒:ロッコク・キッチン・プロジェクト
B6判(12.8cm×18.2cm) 80ページ

食の記憶を探して、福島の浜通りを旅した
国道6号線をめぐる12編のアンソロジー
-----
川内有緒(ノンフィクション作家)と三好大輔(映画監督)が、 国道6号線沿いの町を旅しながら、そこに住む人々の「食」「キッチン」「レシピ」を切り口に、暮らしを紐解き、エッセイとドキュメンタリー映像を制作するプロジェクト「ロッコク・キッチン」。2023年12月、2024年1月、2月の滞在では、主に福島県の太平洋側・浜通りに位置する「大熊町」と「双葉町」の人々を訪ねました。大熊町と双葉町は、福島第一原子力発電所が立地し、東日本大震災以降多様な人々が暮らす町。車を走らせ、町を訪ね歩きながら、そこで出会う人々の「食」にまつわる記憶と共に、その人々の人生や土地に根付いた物語を聞きました。

完成したエッセイ本には、滞在中の出来事を綴った川内有緒の書き下ろしエッセイと、国道6号線沿いに住む人々から公募によって集まった12編のエッセイが収録されています。それぞれのエッセイには、地元の風景や日常の何気ない瞬間や食にまつわる記憶が鮮やかに映し出されています。このアンソロジーを通じて、福島・浜通りの豊かな人間模様と食の記憶に触れることができるでしょう。

====================
★ギフトラッピング承ります★
ラッピングのデザイン、リボンの色等は以下のページからご確認ください
https://www.bokenbooks.com/items/56347964
※配送・梱包の都合上、リボンを結ばずにお送りする場合もございます

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (163)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,430 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品