1/1

殺人者たちの「罪」と「罰」

¥3,080 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

ケイト・モーガン/草思社
単行本:四六判 400ページ

人を殺した人間は、どのように裁かれるべきなのか?

殺人にいたる理由をどこまで視野に入れるべきか?
外的な圧力や絶望的な状況は殺人の理由になるか?
殺害する意図がなかった場合の罪をどう考えるべきか?
責任能力の概念をどのように適応すべきか?
法人による殺人をどう裁くことができるか?

過去に起きた驚愕の事件の数々を俎上にのせ、人命を奪った人間の「罪」と「罰」が定義され、分類されるプロセスを明らかにするスリリングな考察。正しい「裁き」をめぐる社会意識の変遷を浮き彫りにする異色の社会史!

====================
★ギフトラッピング承ります★
ラッピングのデザイン、リボンの色等は以下のページからご確認ください
https://www.bokenbooks.com/items/56347964
※配送・梱包の都合上、リボンを結ばずにお送りする場合もございます

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (148)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥3,080 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品