1/1

自決と粛清 フランス革命における死の政治文化

¥5,830 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

ミシェル・ビアール/藤原書店

「自由か、しからずんば死か」--政治的対立は、なぜ死に至る排除をもたらすのか
フランス革命の第三次議会、国民公会(1792-95)の人民代表者のうち約10%、100名近くが死刑、自死という非業の死を遂げた。「ブルジョア民主主義革命」としてのフランス革命像が、修正学派によって大きく問い直されてから30余年。革命のプロセスのより複雑な実相が明らかにされるなか、ジャコバン派フランス革命史学の最高の継承者が詳細にたどる、“死を賭した政治参加”という革命の美学と、恐怖政治(テルール)のもとでの“粛清”のメカニズム。

====================
★ギフトラッピング承ります★
ラッピングのデザイン、リボンの色等は以下のページからご確認ください
https://www.bokenbooks.com/items/56347964
※配送・梱包の都合上、リボンを結ばずにお送りする場合もございます

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (163)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥5,830 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品