1/1

ヴァレリー 芸術と身体の哲学

¥1,386 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

伊藤亜紗/講談社

習慣として早朝の数時間、一日のうちいちばん「非社会的」な時間に書き続けられたというヴァレリーの言葉。膨大な量のそれは人間の生の実相へと肉迫する。作品が装置であるとはどういうことか。時間と行為の関係とは? 詩が身体を解剖するとは? ヴァレリーのテクストを丹念に読み込み、そこから描き出された芸術と身体と生の関係。著者の美学・身体論の出発点となった記念碑的力作。

====================
★ギフトラッピング承ります★
ラッピングのデザイン、リボンの色等は以下のページからご確認ください
https://www.bokenbooks.com/items/56347964
※配送・梱包の都合上、リボンを結ばずにお送りする場合もございます

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (64)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,386 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品