1/1

沖ノ島

¥1,320 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

藤原新也/小学館

最後の秘境 「海の正倉院」が世界遺産へ
福岡県の玄界灘の洋上に浮かぶ沖ノ島。周囲4キロメートルの小さな島が世界の注目を浴びている。一般の人の入島は厳しく制限され、入島の際には裸になって海水で禊をしなければならない。一木一草一石たりとて島外に持ちだしてはならないという掟は今も守り続けられている。この島は、古代4世紀後半から9世紀にかけて大和朝廷による国家祭祀蛾執り行なわれる重要な場所だった。今も宗像大社の神職がたったひとりで毎日祈りを捧げる神聖な場所でもある。原始の森のような島を登っていくと、中腹に14もの巨岩が群立する姿が現れる。古代の祈りの場は、今なお神々しく幻想的だ。知られざるこの光景を写真家・作家の藤原新也氏が活写した。さらに、すべて国宝に指定された島から出土した8万点にも及ぶご神宝は、当時の国内外から一級品が捧げられた。それゆえ、沖ノ島は「海の正倉院」とも称される。中国大陸、朝鮮半島、古代の東アジア情勢に大きく影響を受けた古代日本がどのように平和を希求したのか。この島には古代の謎が秘められている。

====================
★ギフトラッピング承ります★
ラッピングのデザイン、リボンの色等は以下のページからご確認ください
https://www.bokenbooks.com/items/56347964
※配送・梱包の都合上、リボンを結ばずにお送りする場合もございます

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (88)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,320 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品